灰が降る街

本当の事を口にしたその時に

後ろから笑われてしまった

 

嘘にまみれた作り物の街

灰色に曇った人々の目

誰もが口にする馬鹿げた正しさが

事実を一つ握り潰した

 

偽りだらけの毎日より

本音で向き合う覚悟を持ち寄り

 

正しくて正しくない灰が降る街の真ん中で

伝わらないかも知れない真実を歌う

 

人々はぶつからぬようにと口をつぐんで

素知らぬ顔で暮らしている

誰かの為にと掲げた正しさが

自分を一人にしてしまった

 

間違いだらけの常識より

場違いな正義を貫くように

 

正しくて正しくない凍りつく街の片隅で

訪れないかも知れない幸せを願う

 

正義を盾にしても愛する人を守れない

こんな世の中でも見失わない真実を胸に

 

正しくて正しくない凍りつく街の片隅で

訪れないかも知れない幸せを願う

 

正しくて正しくない灰が降る街の真ん中で

伝わらないかも知れない真実を歌う